ラグビーW杯始まる!!!?ラグビー観戦はビールが大量に売れるらしい!
mohamed_hassan / Pixabay

12019 / Pixabay

サンです。

断酒247日目。

飲酒欲求は0。

断酒適応期は順調。

始まりました~~~!

ラグビーワールドカップ!!!

 

ラグビーW杯初戦勝ったよ!

ラグビー好きなので自国開催だし日本にはがんばってほしいよ!

花園ラグビー場で外国対外国の試合あるから見に行こうかな???

ラグビー観戦はお酒なしで観るのは初めて!

コーラを飲みながら、地上波で観ました!

開会式前に、ラグビーで検索したら、トップに出てきた記事。

ラグビーW杯ビール切らすな

ラグビー場は屋外最大級のビアガーデン

と書かれている記事もあり

ハイネケンがスポンサーになっている模様。

観戦しながらビールを飲んでる人がいるんでしょうね。

NHK記事にも、ビール切らすな!と記事出てるし、

なんかプロ野球やサッカーは、お酒飲みながらの観戦っていうのがわかるけど

ラグビーは、ビール切らすな!というほどの

お酒飲みながらの観戦なのだと初めて知りましたよ~~~。

適度にお酒を飲まれる方ばかりと思いますが。

ラグビーは紳士のスポーツですので、

適正飲酒のできる観客ばかりでしょうきっと。

スポーツでも、バレーボールや、フィギアスケートなんかは

お酒飲んでの観戦は無いイメージです。

相撲は枡席にお酒つぎに来るらしい。

料亭のお弁当にお酒飲みながら相撲見るんでしょうね。

見知らぬ隣の枡席の人からお酒つがれるらしいです。

プロ野球はビールの嵐!

球場内でビール買ったら高いので、あらかじめ安いスーパーでビールを買い、

球場内はお酒類持ち込み禁止なので

入場前に、用意されたプラスチックコップに買ってきたビールを移し替え

球場内に持ち込むシステムなので、

大酒飲みの頃は3本は外で買って球場入口でプラスチックコップに入れ替え

席に着くと、飲む、

持って入ったビールがなくなると、

ビール樽を背中に背負った移動販売の女の子から、

1パイ700円ぐらい?のビールを買って飲む、

調子づいてきたら、何度も移動販売の女の子呼んで買う。

試合終了まで、永遠にビールを買って飲むという、

大飲酒人時代の甲子園球場でのプロ野球観戦でした。

後ろの席の人からビール買ってもらったりしましたね~~~。

席の前後左右の見知らぬ人は、

トラキチはみんなお友達ですので、

知らん人にビール買ってもらうという

考えられない事をしていました。

球場にお酒持ち込み禁止ですが、熱燗の人や焼酎の人は

水筒にお酒を入れて何本も水筒を持ってきてお酒をのんではりましたね。

ベテランさんです。

断酒して決めた甲子園行きは今年はダメ

甲子園といえば、ビールを連想、しかもまわりはのんべいだらけ

せっかくいい感じで断酒してるので飲酒欲求につながったら大変!

なので今年は1回も球場には行きませんでした。正解です。

大阪花園ラグビー場でもラグビーW杯外国の試合あるので行こう!

と、チケット空き無いか調べようと思ったけど、

ラグビー場はハイネケンの販売、観客のひとが、

ビールを飲んでいるかもしれないと想像すると

チケット検索はやめとこう、となりました。

断酒が安定して、飲酒欲求もない8か月ちょい

まだまだ、甲子園は行ってはならぬと思っていますので、

ラグビー観戦でビールのニュース記事見たら

行ってはならぬ、と思い花園ラグビー場行きは断念しましたよ。

普段は大丈夫な断酒も、ところかわれば危険かも?

そんな考えもしっかりと持っています。

危なそうな橋は渡らぬ方がいいのだ!

酒やめたくてもやめれない女性の方

は~~~い!!!💕💕💕

ここにおるよ~~~!!!💗💕💕

酒やめたくてもやめれなかった女性が

ここにおるよ~~~!!!💞💞💞

断酒して安定してますが

警戒心も常に持っていますよ。

※断酒まめ情報※

お酒がなかったらTVでプロ野球観戦なんてできない

と思っていましたが

断酒して2ヶ月半ほどでプロ野球が開幕してから

ずっとお酒なしで普通にプロ野球観戦しています。

酔っ払い大飲酒時代は、3点差で負けてたらもうチャンネル変える、

大差で勝っててもチャンネル変える。

こんな感じでしたが

お酒なしの今シーズン、

トラが勝っても負けても試合終了まで

きっちりと野球を見ることができました。🍁🍁🍁

 

↓応援ポンっしていただいたらむっちゃうれしいです!

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


禁酒・断酒ランキング

ViiBee(ビービー)

師匠の動画ごらんください!!!

なぜ酒がこいしくなるのか???必見です!





Twitterでフォローしよう

おすすめの記事