離婚してる人が少ない!???アルコール依存症の人のわたしのまわりの方の統計!

サンです。

断酒389日目。

わたしのリアルな周りの人は 離婚者がいっぱいいるけれど。。。

お酒をやめたいと思ってる人、やめている人の離婚者の確率がすくない

断酒してから、断酒されている方のブログ、ユーチューブ、ツイッターなどで

交流がある方、読ませているだけの方は、離婚している人がいない、という事を時々思います。

わたしは 7~8年前に離婚しています。

わたしの飲酒も きっかけの一つでした。最近そう思えるようになってきた。

他に 大決定打になった事があったので、自分の事はさておき、という感じでした。最近まで。

毎日と言っていいほど、断酒している方のブログ、動画、ツイッターを拝読、拝聴させていただいていますが

離婚してる人が とても少ないんですよね~~~。

それだけ、断酒に運命をかけられておられるご自身と、

ご家族が支えになっておられるという事だと思います。すばらしい事です。

オカンの酒が離婚の原因じゃ と言った息子

息子は 7~8年前にわたしが離婚をした時、まだ高校生。

両親の離婚、一家離散という体験を思春期に体験しています。

もう7~8年前の事など、わたしは覚えている事も少ないですが、彼にとって 私たち両親が離婚をしたという事が

今もなお、彼の心の苦しみとなっているようです。

1年強前にお酒をやめてくれ的な事を息子に言われた時に

おとんとオカンが離婚したのは オカンの酒が原因じゃ。と 息子はきつく言いました。

・いやいや、他に原因があったんですよ。。。・ 原因の本当の事は息子には言えない事由。

確かにお酒を飲んでいた離婚時のわたし。それが原因だなんて、思いたくもなかったですし

違うと思っていました。ので 離婚の事は ブログにも触れず。なわけで、まだ否認をしていたわけですが

3週間前に、断酒オフ会をした時に、この離婚の事について、参加していただいた断酒師匠ともう一人の方に

事細かに、お話ししました。

そこで やっと、否認が解けた、離婚をした事は、わたしのお酒のせいだった。

と 実際に離婚話しを告白することで自分のお酒が原因でもあったという事を自分で認めました。

離婚をしていない 断酒してる方 断酒しようとされている方はすごくいい環境

大酒飲みの自分の事を熟知しているのは、家族しかありません。

お酒のせいで離婚なんて事になったら 地獄です。

夫婦関係がねじれていくのは、お酒のせい と思って、断酒され、ブログを書き、ツイッターでつぶやかれていると思うのですが

お酒のせいで、と感じたらラッキーです。

わたしは離婚時から つい最近まで、自分のお酒のせいで 離婚だなんて認めていなかったもんですから

わたしと同じてつは 誰一人として踏んでほしく無いと思っています。

もし7~8年の離婚時 あの時にお酒を飲んでいなかったら、シラフでもっと違う考え方をして、離婚にはいたらず

一家離散になんてならなかったはず。と 思うわけです。

別の大きな離婚決定打があったとしても。

断酒をして考え方が変わった今のわたしが

もし 7~8年前の離婚騒動時期に戻れるとしたなら

離婚にはいたらなかった、一家離散も 大事な一人息子を苦しませる事は無かったと思います。

なので 離婚しそう、、、なんてことがご自身に起こっているとしたら、

まずはシラフになって物事をちゃんと考えてみる作戦で 過ごしてみられてはいかがでしょうか。

サン
お酒やめたくてもやめれない女性の方~~~!
はーい!ここにおるよ~~~!
お酒やめたくてもやめれなかったわたしが
ここにおるよ~~~!

断酒して、ものの見方が変わりました。とても良い風に!

お酒を飲んでいた若かりし頃から 断酒を始める1年1か月前までの時間が

もしシラフでまともな考え方ができていたならば。。。

離婚などせず 人生が 変わっていたと思います。

断酒は人生を変える、このとうりですので、やはりお酒に困っているひとは

1分1秒でも早く お酒から離れたほうが良いと、思います。

 

ランキングに参加しています!

ポンッと押してもらえればむちゃくちゃ嬉しいです!

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

禁酒・断酒ランキング

 

このサイトで使用しているテーマ

       ブログ最適化!ワードプレステーマDIVER!

このたびワードプレステーマを思い切ってDIVERに変更しました!購入前の問い合わせはとても親切に教えてくださいました!

購入後の問い合わせにも即時に回答をくださっています。

SEO対策はもちろんの事、投稿ページでは<入力補助>機能で、かなりブログが書きやすいです!

ユーザー重視で制作されたDIVER!買って良かったと心から思います!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事