サンです。

断酒158日目。

飲酒欲求は0。

断酒壁期の離脱症状は無し。

大酒飲みの頃は

もう誰も知らないところに引っ越したい!

誰も知らないところで住みたい!

と常々思っていました。

買い物で、知ってる人や親戚に合い

買い物かごの中のビール大量を買いを

見られるのが

嫌だったことが一番にきますが

夜中のコンビニでビール買ってる時

知ってる人に

会ったりするのも

嫌だったわ、これ二番目に嫌だった。

夜中に飲みに行った帰りに

たまたま近所の人に会ってていうのは

3番目に嫌だったわ。

アルミ缶ゴミを出す日なんて

家の前に出さないといけないので

3~4袋のビールの缶かんだらけの

アルミ缶ゴミを近所の人に見られるのも

4番目に嫌だったわ。

でも酒をやめた今

買い物でもコンビニでも

堂々と行けるし(ビール買わないから)

コンビニは行かなくなったし

アルミ缶ゴミはなくなったし

誰も知らないところで住みたいという

気持ちが

なくなりました。

酒を買う缶を捨てるということだけで

もう誰も知らないところで住みたい

という感情がわいていたことが

わかります。

今住んでるところは、

交通の便もいいし

静かだし

ご近所付き合いもしなくていいし、

少し狭いけどいいところなんやねん。

酒を飲むために、

酒を飲んでることを

知ってる人から遠ざかりたくて

誰もしらない街へ引っ越したいと

思ってる方もおられるかもしれません。

酒やめたくてもやめれない女性の方。

はーい!!!

ここにおるで~~~!!!

酒やめたくてもやめれなかった

女性がここにおるよ~~~!!!

断酒して

誰も知らないところに

引っ越したいっていうのが

なくなったよ!

今住んでるところが

とても環境よく住み心地がいいことが

酒をやめてから

わかったよ!

※断酒まめ情報

夜中のコンビニに

行くことがなくなって

フラフラと酔っ払いながら

大酒飲み時代は

足繁く行っていたわけですが

たまに行く今のコンビニの買い物は

酒じゃなくて

スイーツかアイスクリームに

変わりました。

からあげくんは

買わんくなったよ。※
IMG_20190621_140421_20190623124223

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事