サンです。

・・・二日前に書きました記事ですが、

   カテゴリー整理のため、もういちど・・・

 わたしは、大量にビールを飲んでいました。

もう、自分でもあきれるほどでした。

わかってはいたけど、

それが、昨年11月半ば、もう半年前になりますが、

息子がいきなり言い出した。

<おかん、市の保健センターの、アルコール相談に行ってくれへんか>

と。。。

え~~~~!?でした。

<いいよ!>とその場で答えたものの、

なによ?それ???となり、

息子いわく、

おかんの飲み方がおかしいから 保健センターのアルコール相談に、

わたしの酒の飲み方を詳細に言うたらしい。。。

保健センターの人が、なにかしらの判断をしたのでしょう。

1ヶ月後の12月13日に、

アルコール専門のお医者さんが来るので、

お母さんをつれてきてもらえませんか?と言われたようで。。。

聞いたときは、いよ~~~!と答えたものの、

もう、翌日から怒り最恐になり、

なんでそんなとこいかなあかんの???

なんでわたしの唯一の楽しみのビールとりあげるの???

と、延々怒っていました。。。

結局1ヶ月後の、市のアルコール相談には行かず、

それから1ヶ月、飲んでいました。

その詳細は、

また、おいおい書かせていただきたいと思います。

息子がアルコール相談に行って、わたしの飲酒を相談した、

これが、長年ビールを大量に飲んできたインケツな人生から

断酒で楽な日々につながったという事は、間違いありません。

少し時間がかかりましたが、

断酒できて良かったと思うこんにちです。

息子には嫌な思いと迷惑をかけてしまったのは、事実で。

絶対に酒をやめたくてもやめれなかった大酒飲みのわたしは、

断酒をする事ができています。

     おはずかしいお話しで、すみません。

     おいおい、詳細を書きます。。。

IMG_20190508_111606_20190508220933

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事