2019-05-26元大酒飲み女性がなぜ断酒したかについて

サンです。

昨年10月、

伊勢神宮に息子と二人旅。

その夜に

初めて息子と飲みに行き

わたしが普段外に飲みに行った際、

大量のビールを飲んでいる、

そして、翌日にも酒が残った状態だという事を、

息子が把握した

初めての二人旅となりました。

その後、わたしの飲酒の事で

息子が市の保健センター

アルコール相談に足を運ぶのですが、

それまでの、

10月半ば~11月初旬まで、

二回は飲みに行ったと記憶しています。

その2回共ですが、

当然大量飲酒をして、

1回は、愛車ベンツ(ママチャリ)を

どこに停めたかわからず、

歩いて家まで帰り、

翌々日に飲みに行った先まで探しに行きました。

幸いにも、焼き鳥屋さんの近くのスーパーの

駐輪場(有料)に停めていてたのを

見つけました。

その事を息子に話しました。

<なんで、2日も自転車無い事気づかんねん?>

と、静かに息子は言っていました。

もう1回は、

焼き鳥屋さんで大量飲酒をした帰り道に、

歩道の植え込みにはまってしまい、

(大きな木の茂みの中)

抜け出せなくなってしまいました。

深夜0時前ぐらい前だったと思います。

どうやって、木の植え込みにはまってしまったのかは、

覚えていません。

たまたま通りかかった若い男性が、

ひっぱっり出してくださって、

植え込みから抜け出すことができ、

家の近くまで送ってくださいました。

家に帰り

いつもわたしが飲みに行った時

起きて待ってる息子に

植え込みにはまって、通りがかりの人に

助けてもらってん。

神様みたいな人やった。と話すと、

<その人、大迷惑やんけ、おかん何しとるんや>

と、また静かに息子が言いました。

伊勢旅行でのわたしが飲んだ翌日に

ふらついている大飲酒を把握、

その後飲みに行って自転車どこに停めたかわからない

わたしの大飲酒を把握、

また飲みに行って、

どこの誰かわからない人に

大迷惑をかけている

わたしの大飲酒を把握した息子は、

おかしいと思ったのでしょう。

おそらく11月12日ぐらいに、

市の保健センターのアルコール相談に、

わたしの飲酒相談に行ったと思います。

飲みに行くだけではありません。

家でも大飲酒をしていました。

翌日がパート勤務の日は3~4本。

翌日がパート休みの日は

10本~12本のビールを

大飲酒していたのですから、

おかしいおかしい、と

思っていた息子は、

自転車事件と、

植え込みにはまって見ず知らずの人に

迷惑をかけた事件を機に

とうとう、アルコール相談に行き、

わたしを病院に連れて行く

決意をしたのだと思います。

<オカン、市の保健センターの

アルコール相談にいってくれへんか?>

と息子が言ったのは、

おそらく昨年平成30年11月13日。

その日、他でたまに書くブログに、

わたしは、綴っていました。

・・・もしも神様がいるのなら。

神よみちびきたまえ・・・と

わけのわからないことを、

酒を飲みながら書いていたのでしょう。

<12月13日にアルコール

専門の先生が来るから、

お母さん連れてきてくださいと言われたから、

ついていくから行ってくれ。

お母さんが、

行くと言ってくれたらいいですけど、て言われた

それまでは、酒飲んでいいから。>

と息子が言いました。

いいよ~~~とその場で返事はしたものの、

翌日から、人生最大の、

怒り期間に陥ってしまい、

何に対しても怒る、

息子と顔をあわすたびに怒る、

とにかく怒る怒る怒るが

おさまらなくなり、

オカン、12月13日まで、

ウィークリーマンション借りるわ。

どうしても怒りがおさまらん。

と息子に言いました。

息子は静かに、聞いていました。

それでも酒は飲んでいました。

ウィークリーマンションを

借りる事になりませんでしたが、

最後に飲めるよう、

一人になりたい一心で、

12月13日に合わせるように、

最後の酒飲める機会を作りました。

京都へ2泊の一人旅に行くこととなります。

メモには12月8日、9日、10日

京都と書いてあります。

その京都一人旅で、

やっぱり自分の飲み方、おかしい???と

気付かされる事がありました。

いろいろな神社仏閣へ

お参りに行くのですが、

ホテルに帰ったら、

一人大量に買ってきたビールを

飲んでいるのです。

それも、尋常ではない飲み方、

買ってきたビールが無くなれば、

ホテルの自動販売機で買い、

ビールを一人飲んでいました。

夜は一人ホテルの近くの居酒屋に飲みに行き、

ホテルに帰ると買ってきたビールを飲み、

翌日は神社仏閣を周り、

ホテルに帰ると飲むという、

2泊3日の京都一人旅。

いよいよアルコール相談行きの前日になり、

明日どこいったらいいん?

場所どこ?

と息子に尋ねると、

<もう行かへん、

オカン昨日行かへんって言うたやんけ、

覚えてないんか?>

と言われ、

アルコール相談には、

結局行かない運びになりました。

息子は、おばあちゃんに、

その12日13日車を貸してほしいと、

連絡していたそうです。

それを聞いた時は、もう後の祭り。

しまった。。。と漠然と思っていました。

ここからもまだ、

1か月

飲み続けて行くのですが、

今日はこのへんで。

こうして半年前の事を、

恥を忍んで書いておりますが、

書くことで、自分の気持ちも整理できます。

また、おいおい書かせていただきます。

お恥ずかしい話で、すみません。

サン

IMG_20190521_120018_20190526134529

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

2019-05-18元大酒飲み女性がなぜ断酒したかについて

サンです。

昨年10月に、

息子と二人で、

伊勢神宮参拝旅に行きました。

<なあなあ、お伊勢さん行かへん?>

と、何ヶ月も誘っていて、

やっと<ええよ>という返事をくれたので、

初めての息子と

ふたり旅に行く事になりました。

まず外宮を参拝し、

月夜見宮に参拝。

全身清められました。
1539686437408

そして伊勢市駅前のホテルにチェックイン。

16時頃だったと思いますが、

別々のシングルの部屋を予約していましたので、

それぞれ部屋に入り、

ほっと一息、

ホテルの近くのコンビニで、

350ミリリットルのビールを

6本買ってきてたので、

プシュとビールを飲み始めました。

ホテルの窓から、

かはたれ時の外宮の景色を見ながら

ビールを飲んで、

息子と二人旅できて良かった

なんて思っていたかもしれません。

1539591541715

夕食は、息子と二人伊勢市駅前通りに

食べに行きました。

海鮮居酒屋で、普段飲まない息子ですが、

今日は飲むと言うので

生ビール2つ注文し、

松阪牛や、伊勢で水揚げされた、

いかった(←採れたてピチピチという意)お刺身、

伊勢うどんなど、食べました。

わたしは生大を5~6杯は飲みました。

息子と飲みに行くのは初めてで、

息子は、友人と飲みに行ったわたしがどれだけ飲んでるかを

知りません。

この時わかったのでしょう。

飲みに行ったら、

大量のビールをのんでいるオカンのことを。

ホテルに帰り、

息子と初めて飲みに行ってよかった。なんて思いながら、

コンビニで買ってきた、夕方の残りのビールを飲みました。

翌日は、

内宮に参拝。

1539686437158

内宮は、さらに全身が清まり

ほんとうに聖地だと感じました。

じゃり道でよろめきながら歩く私を見て、

息子が、<オカン朝からホテルで飲んだんか???>と言います。

朝から???飲んでるわけないやん。

内宮お参りするのに飲むわけないやん。

飲酒していた頃は、朝からビールは、飲まない人でしたので

昨日ホテルで飲んだのと、

海鮮居酒屋で飲んだ大量のビールで、

朝にお酒が残ってたのでしょう。

それで、足元がふらついてる私を見て、

息子は飲みすぎのオカンに、気づいたんですね。

今思えば、

前日の大量に飲んだ酒が、翌日に残ったままで、

伊勢神宮 内宮にお参りしていたという事は、

とても無礼な事をしたと反省です。

わたしが飲みに行った時、

大量に生大をたのんでいる事を

息子が把握した

伊勢神宮の親子二人旅でした。

その後、

息子が市の保健センター、アルコール相談に、

足を運ぶこととなったのです。

わたしに映画見に行くと言ってでかけた、

あの日が、息子がわたしの

アルコール相談に行った日でした。

昨年11月の寒い日。

6か月前の出来事です。

今日はこの辺で。

おいおい、また、

書かせていただきたいと思います。

サン
IMG_20190510_171238_20190518131628 (1)

 

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

 

元大酒飲み女性がなぜ断酒したかについて

サンです。

・・・二日前に書きました記事ですが、

   カテゴリー整理のため、もういちど・・・

 わたしは、大量にビールを飲んでいました。

もう、自分でもあきれるほどでした。

わかってはいたけど、

それが、昨年11月半ば、もう半年前になりますが、

息子がいきなり言い出した。

<おかん、市の保健センターの、アルコール相談に行ってくれへんか>

と。。。

え~~~~!?でした。

<いいよ!>とその場で答えたものの、

なによ?それ???となり、

息子いわく、

おかんの飲み方がおかしいから 保健センターのアルコール相談に、

わたしの酒の飲み方を詳細に言うたらしい。。。

保健センターの人が、なにかしらの判断をしたのでしょう。

1ヶ月後の12月13日に、

アルコール専門のお医者さんが来るので、

お母さんをつれてきてもらえませんか?と言われたようで。。。

聞いたときは、いよ~~~!と答えたものの、

もう、翌日から怒り最恐になり、

なんでそんなとこいかなあかんの???

なんでわたしの唯一の楽しみのビールとりあげるの???

と、延々怒っていました。。。

結局1ヶ月後の、市のアルコール相談には行かず、

それから1ヶ月、飲んでいました。

その詳細は、

また、おいおい書かせていただきたいと思います。

息子がアルコール相談に行って、わたしの飲酒を相談した、

これが、長年ビールを大量に飲んできたインケツな人生から

断酒で楽な日々につながったという事は、間違いありません。

少し時間がかかりましたが、

断酒できて良かったと思うこんにちです。

息子には嫌な思いと迷惑をかけてしまったのは、事実で。

絶対に酒をやめたくてもやめれなかった大酒飲みのわたしは、

断酒をする事ができています。

     おはずかしいお話しで、すみません。

     おいおい、詳細を書きます。。。

IMG_20190508_111606_20190508220933