サンです。

断酒98日目。

今日は尾崎の命日です。

26歳で死んだ尾崎。

あの日の事は、忘れる事はありません。

あの日、私生活でもいろいろあり、

尾崎が死に、絶望のどん底でした。

もう27年もたつのか。と、

まるで昨日のことのように思い出します。

尾崎は何で死んだのか。

酒です。

27年前のわたしは、

もうすでにビールを飲んでいました。

そのもっと前から。

偉大な尾崎は26歳の若さで、死にました。

ちっぽけなわたしはその倍の52年生きてきました。

溺れるほどビールを飲んできたのに生きています。

こんな年になって、やっと断酒に踏みきり、

まだまだ生きていこうと思っています。

尾崎がもし今も生きていたなら、

断酒の道を選んで、

なにかしらのメッセージを込め、

歌にしてくれていたかもしれません。

わたしは断酒をして初めて、

尾崎が死んだ事由が酒だったという事を、

初めて感じることができました。

尾崎ができなかった断酒を、

わたしは続けて生きます。

それが尾崎への供養かと。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事